旧柳川家住宅・同前蔵 (国指定重要文化財)(昭和四十四年三月指定)


旧所在地 和歌山県海南市黒江

 柳川家は、近世以来漆器の製造販売を業としている。当代まで十一代続き、代々平兵衛を名乗り、五代目は大庄屋を勤めた。家蔵の記録によれば、文化四年(一八〇七)四代目平兵衛の代に屋敷地を求めて普請したのが現在の建物である。
 この家は、もと人工の堀川であった川端通りに面して建てられ敷地西側は入江で船付場になっていたといわれる。主屋は、向って左側の大戸口から裏に通り庭があり、その右手に田の字型に四室を造り、正面側が「みせ」と「みせおく」背面側が「だいどころ」と「なんど」で、そのうしろに座敷を突出させた町家として標準的な間取りをもっている。
 この建物は全体に保存がよく、また材料はよく吟味され意匠もすぐれている。本県を代表する町家の遺構として重要なものである。
 和歌山県では、この家を所有者より譲り受け、昭和四十四年度よりこの地に移築し、復原修理を行なった。

 

民家のメニューへ戻る