ハーモニカ箪笥(だんす)

  この箪笥は明治時代に和歌山市内在住の女性が婚礼道具の一つとして嫁ぎ先(有田郡広川町)へ持参したものです。

 上段の抽斗を開閉するとハーモニカのような音色がするのが特徴です。
 引手をはじめとした金具に鶴の装飾が施されるなど、婚礼家具に相応しく華やかで、非常に丁寧な作りとなっています。

  平成21年5月 ハーモニカ箪笥 当館に寄贈(5月中に当館にて展示)。
  平成21年5月4日付け毎日新聞で紹介されました。
  平成21年5月14日の関西テレビ スーパーニュース アンカーで紹介されました。
  平成21年5月19日(火)13:50〜 ラジオの和歌山放送で紹介されました。
  平成21年6月24日(水)テレビ朝日「ナニコレ珍百景 2時間スペシャル」の中で紹介され、珍百景に登録されました。

民俗資料のページへ戻る  トップページに戻る