岩橋千塚古墳群 前山B地区の公開古墳

将軍塚古墳(前山B53号墳)
 
将軍塚古墳は、海
抜約150mの岩橋前山山頂付近にある前方後円墳(全長約42.5m
)です。この古墳には、
横穴式石室が前方部と後円部にそれぞれ造られています。見学できる後円部の横穴式石室は、羨道・玄室通廊部・玄室があり、玄室の床から天井までの高さは約4.3mです。石室には一枚の板石からなる石棚と、石梁が1本あり、羨道にも1本の石梁(扉石を支える施設)があります。羨道は2枚の扉石で閉じられ、玄室よりも約20cm床が高く造られています。玄室の床には川原石が敷きつめられ、床下には玄室に溜まった水を石室の外に排水できるように溝がめぐらされています。すでに盗掘を受けていたため、どのような副葬品がおかれていたかは不明ですが、後円部石室からは銀環・玉類・鉄器・壷や高杯の一部が、前方部の石室からは須恵器や馬具の破片などが見つかっています。

古墳のメニューに戻る  トップページに戻る