修復古墳  

 3号園路の中ほど、園路下方に広がる花木園があります。花木園は、生活環境保全林として整備されているもので、その中央部あたり、墳丘に芝を張った修復古墳と呼ぶ4基の古墳があります。古墳は、標高30〜37mに位置し、それぞれが古墳時代後期に造られた円墳です。4基の古墳は、斜面上方から順に前山B花木園地区1・2・4・3号墳と呼び、1975(昭和50)年度に発掘調査しています。現在は、調査の資料をもとに造られた当時の姿に復元修復しています。  

前山B100号墳(花木園地区1号墳) 直径12m・高さ1m以上の円墳です。この古墳には、横穴式石室と竪穴式石室が造られていました。

前山B102号墳(花木園地区2号墳) 東西約16m南北約12m・高さ2.5m以上のやや変形した円墳です。この古墳には、横穴式石室ともともと竪穴式石室があったといわれていますが、調査では横穴式石室と竪穴式石室の痕跡と考えられるものが一部見つかっています。

前山B101号墳(花木園地区3号墳) 直径約12m・高さ2.5m以上の円墳。この古墳には、横穴式石室と竪穴式石室が造られていました。横穴式石室には須恵器や土師器・鉄製品、装身具類などが見つかっています。竪穴式石室には、過去の調査の時に須恵器や土師器・鉄製品が出土しています。

前山B220号墳(花木園地区4号墳) 復元直径約17m・高さ1m以上の円墳です。この古墳には、2基の横穴式石室などが発見されています。1号石室には、須恵器や土師器の容器類やガラス製小玉などの装身具類・鉄製品が見つかっています。2号石室には、ガラス製管玉・丸玉やイヤリングとして使用する金環・銀環などの装身具類や馬具片などの鉄製品が見つかっています。

古墳のメニューに戻る  トップページに戻る