旧谷山家住宅 (国指定重要文化財)(昭和四十四年三月指定)

旧所在地 和歌山県海南市下津町塩津
 谷山家は、もと塩津の浜に面して建てられていた漁家である。近世の紀州における海運業の要地であった塩津で、代々海運と漁業を営んできた。現在の建物は棟礼によって寛廷二年(一七四九)に上棟されたことがわかる。
 建物は主屋と倉が直角に接続しているが、倉の材料は主屋よりやや古いと見られるので、寛廷二年には主屋だけが建て替えられて、それまであった倉に接続きれたと考えられる。主屋は敷地にあわせて縦に長い台形の平面をしており、全体に居室が少なく、ほとんど吹抜けの土間になっている。また、通りに面した正面に出入口を設けず、二階の窓に三重の戸が用いられるのは、海からの強風に耐えるための配慮である。
 この建物は建築年代が明らかなうえ、漁家として古いものに属し、全国的にも数少ない貴重な民家である。
 和歌山県では、この家を所有者より譲り受け、柳川家住宅と同時にこの地に移築し、復原修理を行なった。

 

地びき網用和船(アミブネ)(県指定有形民俗文化財)

  この木造船は、日高町産湯海岸で実際に地びき網漁に使用されていた和船です。全長11.05m、最大幅2.24m、船体部高さ0.9mで、スギとヒノキで製作されています。昭和38年に製作され、以後平成5年まで操業していました。地びき網の網船には、一般にマアミ(真網)を曳く真網船とサカアミ(逆網)を曳く逆網船があり、この2艘一組で操業します。 ミヨシと呼ぶ舳先には、先端に銅製のカブトが被され、その下の部分はお歯黒を塗りこんで鬢付け油でツヤ出しをしてあります。船の最後部(チリ)には大漁旗を建てる穴があいており、正月や大漁時、船おろし式のときなどに、青笹に掲げた大漁旗が立てられます。

民家のメニューへ戻る