土器による煮炊きのはじまり 縄文時代(1万3000年前〜3000年前)


和歌山県では、約1万3000年前の石製の槍先(有茎尖頭器)が各地で出土する。このことから、縄文時代草創期より狩猟・漁撈・採集を生活基盤とする縄文人が活動していたことがわかる。この時期は気候が温暖化し、豊富な食料を提供する自然環境が急激に形成された。貝塚が内陸部に残ることから、海面が現在より上昇していたことがわかる。(縄文海進)

・縄文土器とくらし

縄文土器は、世界最古級の土器である。和歌山県では、約1万年前の土器が発見されている(高山寺式土器)。 煮炊き用の深鉢が中心で、木の実や獣の肉等を調理することで食生活が豊かになった。浅鉢は、盛り付けに用いられた。東北・関東・中部・東海・瀬戸内等で製作された土器も見つかり、活発な交流を物語る。

左:縄文土器深鉢(田辺市高山寺貝塚)レプリカ 右:縄文土器深鉢(串本町大水崎遺跡)

・自然の恵みで生きる

温暖な気候は、狩猟(動物)・漁撈(魚介類)・採集(植物)で生活する縄文人の生活を支えていた。県内各地で出土する石器は、槍や弓矢の先端に使われたもので、こうした道具で効率よく狩猟を行った。 ヒョウタン・ソバ・ウリ・アズキなどが栽培された可能性が強いが、生活の基盤が狩猟・漁撈・採集にあったことは間違いない。

有茎尖頭器(下津町馬の谷遺跡)

 ・縄文人のこころ

石棒は男性を、土偶は女性をあらわしている。祭祀・呪術に使われたと思われるが、その内容はあきらかでない。この時代に広く行われた抜歯は、健康な前歯を抜く風習で理由は様々であった。鳴神貝塚(和歌山市)の墓地で見つかった18歳前後の女性人骨も上顎の左右犬歯を抜いており、成人の仲間入りに関係した抜歯と考えられる。

土偶(海南市鳥居遺跡)

常設展トップページに戻る