和歌山県紀伊風土記の丘

和歌山県立紀伊風土記の丘について

和歌山県立紀伊風土記の丘は、国の特別史跡「岩橋(いわせ)千塚古墳群」の保全と公開を目的として1971年8月に開館した、考古資料・民俗資料を中心とした県立の博物館施設(登録博物館)です。園内は約67haの広さがあり、標高150mの丘陵から北斜面一帯に、大小およそ500基の古墳が点在しています。また、麓には国・県指定の移築民家集落や万葉植物園があり、四季を通じて里山の自然をお楽しみいただけます。

お知らせ

★★★現在HPをリニューアル中のため、一部みられないページがあります。ご了承ください。
★★★新型コロナウイルス感染症の予防および拡大防止のため、状況により当館が主催するイベントなどを急遽中止または延期する場合があります。
※6月9日オープン「フェアフィールド・バイ・マリオット・和歌山すさみ」で紀伊風土記の丘が協力し製作した立野遺跡(すさみ町)の土器や農具の複製品が展示されます!ぜひお立ち寄りください!!
※令和3年度ジュニア考古学の作品を募集しています!!
※第12回 HANI-1選手権は事前申込み制並びに日程が一部変更になりました。  
★★NHK「ミステリアス古墳スペシャル」で風土記の丘が紹介されました!!
新型コロナウイルス感染拡大防止のためのご案内とご協力のお願い
★毎週日曜の午前中は、資料館でボランティアガイドが待機しています(※ただし、都合により対応できない場合があります)
★毎月1日は入館料無料 (1日が休館日の場合は次の開館日)
縁結び大学